Event is FINISHED

ゲイのための代理出産と卵子提供セミナー 〜子どものいる家族をつくろう〜

Description

J baby(本社:米国ロサンゼルス、代表者:斉藤 賢二)、カリフォルニア・ファティリティ・パートナーズ(本社:米国ロサンゼルス、代表者:ガイ・リングラー医師)、ア・パーフェクト・マッチ(本社:米国サンディエゴ、代表者:ダーリーン・M・ピンカートン)とリプロダクティブ・ロー・センター(本社:米国サンディエゴ、代表者:トーマス・M・ピンカートン)は、日本に住むゲイ(男性同性愛者)の方を対象に代理出産と卵子提供で子どもを持つためのセミナーを東京にて開催いたします。


<セミナーの概要>

・タイトル:ゲイのための代理出産と卵子提供セミナー

      〜子どものいる家族をつくろう〜

・日時:2016年1月19日(火)19:00〜21:45

・場所:TRUNK BY SHOTO GALLERY 3階(東京都渋谷区松濤1-5-4)

・内容:*逐次通訳が入ります。

1. J babyによるロサンゼルスでの日本語による生殖医療コーディネートについて説明

2. 実際に代理出産に挑戦しているゲイカップルの体験談

3. クリニックの医師による医療的側面の説明

4. 代理出産エージェンシーによる説明

5. 専門の法律事務所による法的側面の説明

6. 質疑応答

・参加対象者:主にゲイの方が対象ですが、アメリカでの生殖医療プログラムに興味がある方であればセクシュアリティを問いません。

・セミナー参加費:無料

・本セミナーは予約制です。お席に限りがありますので、お早めにお申し込みください。

*注意:本セミナーにはメディアの取材が入る可能性があります。撮影禁止エリアを設けますので、安心してご参加ください。

▪︎ 協賛(会場提供):TRUNK BY SHOTO GALLERY


■ 本セミナー開催の背景

今年11月、東京都渋谷区と世田谷区で同性パートナーシップを認める施策が開始しました。同性カップルで生きるだけでなく、同性同士で子どもを育てる新しい家族の形が、日本でもレズビアンマザーを中心に広がりつつあります。NHKが全国に住むLGBT当事者を対象に今秋実施したアンケート調査では、全回答者2,611人のうち「子どもがいる」と回答した人は96人にものぼりました(NHK 全国LGBTアンケート調査(平成27年10月実施))。

一方で、ゲイの人たちにとっては自分で産むことができないために、「子どもがほしい」という思いをあきらめてしまいがちです。しかし、ゲイのカップルでも子どもを授かることは夢ではありません。アメリカでは卵子提供と代理出産を利用して子どもを迎えるゲイカップルが増えてきており、日本のゲイの人たちにも子どもを授かる可能性を知ってほしい、という思いから企画されたセミナーです。

日本では法律による規定はありませんが、日本産科婦人科学会のガイドラインにより、人工授精は法律上の男女の夫婦に、体外受精は事実婚を含む男女の夫婦に限り認められています。ゲイの人たちだけでなく、日本の医療機関で生殖補助医療を受けることができない多くのLGBT(※)にとって、アメリカでの生殖医療プログラムについて知ることは、子どものいる家族をつくる選択肢が増えることになります。(海外で卵子提供や代理出産により子どもを授かり日本で育てることは、違法ではありません。)

本セミナーは、アメリカ・カリフォルニア州で20年以上代理出産を手がけるエージェンシー、不妊治療クリニック、専門の法律事務所と、日本語で不妊治療および生殖医療プログラムのコーディネートを行う会社による共同開催です。カリフォルニア州は世界的に見てもこの分野で最先端を行く地域で、代理出産に係る法整備も進んでいます。長年の実績に基づく安全で信頼の置けるチームによる、日本で初めてのゲイ向け代理出産のセミナーは、これから家族を持ちたいと考えるゲイの人たちにとって、とても貴重な機会になること間違いなしです。セミナーではレズビアン向けのお話もします。

※ レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字をとった言葉で、性的マイノリティの総称。


■ J babyについて

J babyは日本人向けに米国ロサンゼルスにて不妊治療および生殖医療プログラムのコーディネートを行なっています。提携クリニックCFPにて卵子提供プログラム、代理出産プログラム、精子提供プログラム、着床前診断や男女産み分け、HIVプログラムなど、各種治療プログラムが受けられる環境と情報を提供しています。またエッグドナーエージェンシーとして厳しい審査と検査を通過した、心身ともに健康な日本人エッグドナーをご紹介することが可能となっています。日本人スタッフが、医療と法律、エッグドナー、代理母のそれぞれの架け橋となり、煩雑な海外での治療を安全・安心に実現可能へと導きます。


■カリフォルニア・ファティリティ・パートナーズについて

カリフォルニア・ファティリティ・パートナーズ(CFP)は全米の主要な生殖医療センターのひとつです。高度に専門化されたこの医学領域において、当センターの医師たちは30年以上にわたり最前線に立ち続け、世界初となる体外受精(IVF)による出産の数例を成功させました。患者にはそれまでの治療が不成功の方々も多く、そういったさまざまな方々の妊娠と出産を実現するための治療技術の高さは世界的に認められています。すべての方々に家族を持つ権利があると信じ、早くから同性愛者の家族構築の手伝いもしています。CFPの使命はひとりひとりに合わせてケアを行いつつ、最高水準の医療を提供することです。


■ ア・パーフェクト・マッチについて

ア・パーフェクト・マッチ(APM)は、国内および海外のお客様が代理出産を介して親になるという夢の実現を支援しています。アメリカで最初のエージェンシーの一つとして1998年に設立され、APMは健康で一定の基準を満たした代理母の募集に特化しています。私たちの代理出産プログラムを通じて1000人以上の赤ちゃんが生まれました。私たちは婚姻関係の有無や性的指向に関係なく、親になりたいと純粋に願う全ての人をサポートすることに熱心に取り組んでいます。私たちは両親になりたいお客様と代理母と、代理出産の全プロセスを通してサポートする専門家との橋渡しの役割を果たしています。


■リプロダクティブ・ロー・センターについて

代理出産、卵子提供、受精卵提供、精子提供をお考えの場合、リプロダクティブ・ロー・センター(RLC)がお手伝いすることが可能です。RLCは代理出産とリプロダクティブ・ライツ(性と生殖の権利)の領域で、アメリカ国内および国際法の第一線の動きに関わっています。私たちはお客様のプライバシーを保護しながら、生まれた子どもに最大限の法的な権利を保障するのに必要な、生殖法の最先端のサービスを提供しています。私たちのフレンドリーで知識豊富なスタッフがお客様のご希望を満たすお手伝いをします。


<プレスリリース 掲載URL>

 www.jbaby.us


【アメリカでの生殖医療プログラムに関するお問い合わせ先】

J baby 担当:斉藤 賢二

TEL: 03-3505-6514(東京オフィス)、310-990-6944(ロサンゼルスオフィス)/ E-mail: kenji@jbaby.com


【本セミナーに関するお問い合わせ先(報道機関窓口)】

株式会社トロワ・クルール 広報担当:増原 裕子

TEL: 080-4189-6996 / E-mail: h.masuhara@3couleurs.co.jp

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-12-21 13:56:35
More updates
Tue Jan 19, 2016
7:00 PM - 9:50 PM JST
Add to Calendar
Venue
TRUNK BY SHOTO GALLERY 3階
Tickets
一般
Venue Address
東京都渋谷区松濤1-5-4 Japan
Organizer
J baby
51 Followers
Attendees
67 / 67